社会保険労務士 尼崎 ‐ 中薗総合労務事務所

人事労務の問題解決! 尼崎 ~ 姫路・神戸・西宮・伊丹・大阪・京都 etc

TEL. 06-6430-6318

〒660-0054 兵庫県尼崎市西立花町3‐4‐1 パークビル201

在職老齢年金早見表 – 60歳台後半
便利ツール

「65歳以降の給料」と「年金支給停止」の関係は?

65歳以降も継続勤務しながら老齢厚生年金を受給する場合は、年金が支給停止されることがあります。

60歳台後半の仕組み

65歳以降の在職老齢年金は、60歳台前半に比べて年金カットの仕組みは緩やかになっています。

  • 総報酬月額相当額(「標準報酬月額」と「直近1年間の標準賞与額を12で割った額」を合算した額)と年金月額(老齢厚生年金の12分の1)との合計額が46万円以下のときは、支給停止されません。
  • 合計額が46万円を超えるときは、超えた額の1/2の額が支給停止されます。

これらの計算は非常に複雑ですが、下表を使うとおよその年金受給額が簡単に確認できます。

※ 60歳台前半はこちら ⇒ 「在職老齢年金早見表 – 60歳台前半」へ

年金手帳

70歳以上70歳以上の在職者はご注意を・・・。

平成19年4月以降に70歳になられる方は、この在職老齢年金の仕組が適用されますのでご注意ください。ただし、厚生年金保険の被保険者資格は喪失するため、保険料は発生しません。


(単位:万円)
年金
月額
総報酬月額相当額
9.8 15.0 20.0 25.0 30.0 35.0 40.0 45.0 50.0 55.0 60.0 65.0 70.0 75.0 78.0
1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 2.0 1.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 2.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 3.0 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
6.0 6.0 6.0 6.0 6.0 6.0 6.0 6.0 3.5 1.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 6.5 4.0 1.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
8.0 8.0 8.0 8.0 8.0 8.0 8.0 7.0 4.5 2.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
9.0 9.0 9.0 9.0 9.0 9.0 9.0 7.5 5.0 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 10.0 8.0 5.5 3.0 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
11.0 11.0 11.0 11.0 11.0 11.0 11.0 8.5 6.0 3.5 1.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
12.0 12.0 12.0 12.0 12.0 12.0 11.5 9.0 6.5 4.0 1.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
13.0 13.0 13.0 13.0 13.0 13.0 12.0 9.5 7.0 4.5 2.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
14.0 14.0 14.0 14.0 14.0 14.0 12.5 10.0 7.5 5.0 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 13.0 10.5 8.0 5.5 3.0 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0
16.0 16.0 16.0 16.0 16.0 16.0 13.5 11.0 8.5 6.0 3.5 1.0 0.0 0.0 0.0 0.0
17.0 17.0 17.0 17.0 17.0 16.5 14.0 11.5 9.0 6.5 4.0 1.5 0.0 0.0 0.0 0.0
18.0 18.0 18.0 18.0 18.0 17.0 14.5 12.0 9.5 7.0 4.5 2.0 0.0 0.0 0.0 0.0
19.0 19.0 19.0 19.0 19.0 17.5 15.0 12.5 10.0 7.5 5.0 2.5 0.0 0.0 0.0 0.0
20.0 20.0 20.0 20.0 20.0 18.0 15.5 13.0 10.5 8.0 5.5 3.0 0.5 0.0 0.0 0.0
21.0 21.0 21.0 21.0 21.0 18.5 16.0 13.5 11.0 8.5 6.0 3.5 1.0 0.0 0.0 0.0
22.0 22.0 22.0 22.0 21.5 19.0 16.5 14.0 11.5 9.0 6.5 4.0 1.5 0.0 0.0 0.0
23.0 23.0 23.0 23.0 22.0 19.5 17.0 14.5 12.0 9.5 7.0 4.5 2.0 0.0 0.0 0.0
24.0 24.0 24.0 24.0 22.5 20.0 17.5 15.0 12.5 10.0 7.5 5.0 2.5 0.0 0.0 0.0
25.0 25.0 25.0 25.0 23.0 20.5 18.0 15.5 13.0 10.5 8.0 5.5 3.0 0.5 0.0 0.0
26.0 26.0 26.0 26.0 23.5 21.0 18.5 16.0 13.5 11.0 8.5 6.0 3.5 1.0 0.0 0.0
27.0 27.0 27.0 26.5 24.0 21.5 19.0 16.5 14.0 11.5 9.0 6.5 4.0 1.5 0.0 0.0
28.0 28.0 28.0 27.0 24.5 22.0 19.5 17.0 14.5 12.0 9.5 7.0 4.5 2.0 0.0 0.0
29.0 29.0 29.0 27.5 25.0 22.5 20.0 17.5 15.0 12.5 10.0 7.5 5.0 2.5 0.0 0.0
30.0 30.0 30.0 28.0 25.5 23.0 20.5 18.0 15.5 13.0 10.5 8.0 5.5 3.0 0.5 0.0

用語解説

年金月額(タテ) → 年金額(※老齢厚生年金の報酬比例部分)÷12の額
総報酬月額相当額(ヨコ) → 標準報酬月額+(標準賞与額(直近1年間の賞与合計)÷12)の額
※ 標準報酬月額の確認はこちら ⇒ 「社会保険料額表(兵庫 | 大阪)」へ

表の見方

〔設例〕

年金額216万円、標準報酬月額20万円、標準賞与額0万円

〔計算例〕

  1. 年金月額(タテ軸)=216万円÷12=18万円
  2. 総報酬月額相当額(ヨコ軸)=20万円+(0万円÷12)=20万円
  3. 上表より年金支給額=18万円 → つまり、支給停止額は0万円

※ 関連サポートはこちら→高年齢者最適給与」へ


〔参考〕 詳細は、日本年金機構パンフレットでご確認いただけます。

suspension-payment