中薗総合労務事務所

社会保険・給与計算・助成金のアウトソーシング&労働問題・就業規則&人事コンサルティング

TEL. 06-6430-6318

〒660-0054 兵庫県尼崎市西立花町3-4-1 パークビル201

源泉票には個人番号不要に
中薗博章のニュースブログ
特定社会保険労務士 中薗博章

元大手経営コンサルタントである代表者のブログ。
労働・社会保険の注目トピックについて、実務家の視点からコメント。
+ 事務所の近況なども綴っています ブログ

源泉票には個人番号不要に - 2015年10月2日

ニュース&コメント

いよいよマイナンバーの導入が目前に迫ってきましたが、今日は、そんな中で驚きの法令改正が国税庁より発表されましたのでご紹介します。

なんと、本人へ交付する源泉徴収票や支払通知書等への個人番号の記載は必要なくなるとのことです。

国税庁リーフレットの内容は次の通りです。
※ 原本はこちら → http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/pdf/mynumber_gensen.pdf外部リンク

法定調書提出義務者・源泉徴収義務者の方へのお知らせ

本人へ交付する源泉徴収票や支払通知書等への個人番号の記載は必要ありません!
改正の概要

平成27年10月2日に所得税法施行規則等の改正が行われ、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「番号法」といいます。)施行後の平成28年1月以降も、給与などの支払を受ける方に交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこととされました(個人番号が記載不要となる税務関係書類は、以下のものです。)。
なお、税務署に提出する源泉徴収票などには個人番号の記載が必要ですので御注意ください。

(参考)
改正前は、支払を受ける方に対して交付する源泉徴収票などについて、本人等の個人番号を記載して交付しなければならないこととされていました。


個人番号の記載が不要となる税務関係書類
(給与などの支払を受ける方に交付するものに限ります。)
  • 給与所得の源泉徴収票
  • 退職所得の源泉徴収票
  • 公的年金等の源泉徴収票
  • 配当等とみなす金額に関する支払通知書
  • オープン型証券投資信託収益の分配の支払通知書
  • 上場株式配当等の支払に関する通知書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 未成年者口座年間取引報告書
  • 特定割引債の償還金の支払通知書
    ※ 未成年者口座年間取引報告書及び特定割引債の償還金の支払通知書は、平成28年1月施行予定
個人情報の保護に関する法律第25条に基づき、本人から自身の個人番号を含む情報として源泉徴収票などの開示の求めがあった場合には、本人の個人番号を記載して開示することが可能です。
電子申告・納税等開始(変更等)届出書についても個人番号の記載は不要です。

改正についてのQ&A
問1 なぜ従業員に交付する源泉徴収票に個人番号を記載しないこととされたのですか。
答1 本人交付が義務付けられている源泉徴収票などに個人番号を記載することにより、その交付の際に個人情報の漏えい又は滅失等の防止のための措置を講ずる必要が生じ、従来よりもコストを要することになることや、郵便事故等による情報流出のリスクが高まるといった声に配慮して行われたものです。
問2 改正によって、従業員に周知すべき事項はありますか。
答2 従業員に交付する源泉徴収票に個人番号が記載されないため、番号法施行後においても、従来と取扱いは変わらないことを御説明ください。
問3 税務署提出用の源泉徴収票や支払調書などにも個人番号を記載しないこととなるのですか。
答3 今回の改正は、支払を受ける方に交付する源泉徴収票や支払通知書などについて、個人番号の記載を要しないこととなるものであり、税務署提出用には支払を受ける方の個人番号を記載して税務署に提出していただく必要があります。
なお、支払を受ける方から個人番号の提供を受ける場合には、番号法等に定める本人確認を行っていただく必要があります。

まさに土壇場での法令改正ですが、その主旨についてはQ&Aの「答1」を見ると納得のいくところです。

ただ、やはりこうした改正はもう少し早く決めて、早く発信して欲しいところです。 (> <)

今日も顧問先を訪問し、マイナンバー制度についてご説明する中で「来年(平成28年)1月以降に発行する源泉徴収票には個人番号を記載するようにして下さい。」と申し上げたところでしたので・・・。

実務の現場は混乱してしまいますが、皆様も十分ご注意ください。


近況など

改めまして、こんにちは
特定社会保険労務士の中薗です。

今も書いた通り、ここのところマイナンバー制度関連の対応にも追われています。

多くのお客様は、すっかり「マイナンバー対応=社労士の仕事」と捉えられている感が強いのですが、果たして本当にそうなのかなといつも感じています。

正直、手間が増えて大変な思いをしているのでが、その分しっかり対応するとお客様に喜んでもらえる機会が増えるわけですので、その辺を励みに頑張っているところです。

いずれ何事もなかったかのようにマイナンバー制度は定着していくのかな? と思う反面、色々な問題が噴出して「やっぱり止~めた」とならないか、いまだ疑心暗鬼なところが拭えない今日この頃です。。。

ではまた mk_hand


このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

≪ ブログ一覧 へ